+ こ と ば こ +
言葉を紡ぎます

:>スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

:>君の背中を見て 
2012.01.25 Wed 10:24
君の背中を見て
幸せ思い
絶望感じ
愛持ちここに居る私

君のためにエゴ
私のためにミエ

変わらない距離
どこにいても
君の背中を見て
その心私が繋いでみせる
すべてだと信じて
いつか隣に立つ日まで
スポンサーサイト

:>世界が開く 
2012.01.17 Tue 16:56
君を認めたその日から

世界ががらりと目を開く



遠く遠く 時を越え

私に届いたその声は

響き続けて止まない心に

信じて進む潤いをくれる


遠く遠く 空の下

君に届けるいつかの為に

響き続ける声を養う

夢を重ねて共に笑む



私を認めたその日から

開いた目が潤うだろう

:>かすみ 
2012.01.15 Sun 06:33
知らずとも

度度井戸に落ちる私を

君はいとも容易く汲んだ

誰も通らぬ道をゆくから

たまらず声をあげた心が

小さく小さくはにかんだ



君知らずとも私知られずとも

手繰り寄せられ

陽の散る夜明けと井戸落ちる夜更け

温もる時を 迎える今日が

せめて彼の人戻る日までは

続きますよう それだけは

:>過渡 
2012.01.14 Sat 00:16
少し忘れて また君の

顔を見られて 幾度かな

つられて 幸せかみしめる



少し忘れて また君の

言葉に触れて 幾度かな

届かぬ思い なき事を知る



忘れ期間が 続く時

癒すは君の 友と共に居て

思いもかけない 優しさに

心がついに動きます



手の中おさまる思い出を

開けばいつも 君が居る

懐かしく笑む 私の視線は

どうしても 君を捕えたい

:>星流し 
2012.01.10 Tue 06:50
ゆらゆら月の調べを携え

溢れど胸の痞に溜まる

君と憶しき星を頼りに

今日も愛しき歌を刻む

流れる時を沁みて思えば

遥か彼方の空まで行かん

故に願うは幸せの

清み渡りし声続かぬとしても

突き刺さった矢は抜くことを知らず

永久に共に流れ行きたい

伝えて破れはしませんか

ちりばめて花道

輝く星道

鷲掴みこの世で

切に切に照らし出す道

おいてけぼりの私の心も

いつか拾ってくりゃりゃんせ

プロフィール

しおり

Author:しおり
私の個人サイトです。
晴好雨奇

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
クリック♪
にほんブログ村 ポエムブログへ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
12154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1055位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。